保育園の思い - あすか保育園

 

保育園の思い blog

 
 

子どもの最善の利益を追求し、一人一人の子どもを大切に保育を行います。
また、現在を最も良く生き、望ましい未来を創り出す力の基礎を培います。
同時に全ての子育て家庭を視野に入れ、子育てに関する支援事業をおこない、
地域の子どもも含めた子どもの育ちを、総合的に支援します。

保育園の概要

イエナプラン

先日、ピラミッドメソッド研修会「自立と共生を育てるオランダの子育て グローバル時代の保育・教育を考える」で、リヒテルズ・直子さんの話を聞きました。オランダの子育てや事情や、イエナプランという教育法についての話から、今の日本の保育・教育について、問題提起がたくさんありました。オランダという国は、先進国で一番子どもの幸せ度が高い国で、物質的豊かさは10位なのに、主観的豊かさ(自分を幸せだと思うか)は、1位の国です。モンテッソーリやダルトンプラン、ピラミッドメソッドやイエナプラン等(オルタナティブ教育)が熱心に研究され、モンテッソーリもオランダが長かったと言われています。オランダのオルタナティブ教育は、個性の発達を大変重視し、個々の子どもに合わせた支援の仕方を追求します。また一方で、まだ引き出されていない潜在的な力を刺激することもねらいとしています。(マルチプルインテリジェンス=違いを知り、違いに合わせる教育)

イエナプランは1960年代にドイツからオランダに紹介され、独自の発展を遂げました。・変化への適応力 ・新しいものを学ぶ力 ・精神の安定を保つ力   を未来の教育に必要な力として位置づけ、園は「生きること、学ぶことの共同体」であるとしています。4つの基本活動(対話・仕事・遊び・催し)があり、コンセプトや活動内容は、ピラミッドメソッドと共通項がたくさんあります。

前回、ピラミーデ・テーマ「かぞえる」を掲載しました。3歳児の週案の子どもの姿・考察(3歳児の担任が記載)では、「サークルタイムで声が大きい時、子ども同士で『しずかにしてください』と話してくれる時がだんだん増えてきて、毎日の積み重ねの大事さを改めて感じる。サークルタイムで初めに数を数えることが日課になってきて、みんなで絵本を見て数えながら、『次は100までは?』などと子ども同士で話したり楽しんだりしている。カードゲームで取れたカードの数を数えたりもしていて、数の身近さを改めて実感する。」とありました。職員も、子どもの姿の変化に、このメソッドの面白さを感じ始めているようです。

 

ピラミーデ テーマ「かぞえる」

今月の「園だより」で、ピラミーデニュースを掲載しました。

ピラミーデの基本の理論は、「子どもの自己選択で始まり、自己解決を目指すのが本来の教育。ただし、子どもの自由勝手にさせるのではなく、大人(保育者)は、子どもをサポートしなければならない。だが、主体はあくまでも子どもであり、大人はあくまでもサポーターに過ぎない。」です。これは、園の基本理念にも通じるもので、私たちがとても大切に考えているものです。

今月は、「かぞえる」というテーマで、保育室には、テーマに因んだコーナーが設置されたり、遊びの中でも「かぞえる」に着目したゲームを、子ども達に提供したりしています。

ある日、4・5歳児が菜園でできた白菜を収穫し、葉の数を数えました。10枚でひとくくりにし、何度も10まで数えるうちに、10枚の葉っぱのおよその量が分ってきます。100枚を超える葉っぱがあって、「100ってこんなにたくさんなんや~。」と床に並べた白菜をまじまじと見つめる子ども達。遊びや、生活の中で、数の概念を学び取る瞬間です。

子ども達は、体に備わっているもので数を浸透していきます。(目が2つ、鼻や口は1つ、指5本、両手で10本・・)人類が、「数」を覚えたのは「手(5本の指)」のおかげとも言われていわれ、性質が異なるものをセットで認識しやすい限度が5つあたり・・・。(毎日新聞2019・1・29余禄)数の性質を踏まえたうえで、「かぞえる」のテーマを年齢別に分け、(3歳児は「1・2・3ってなあに?」、4歳児は「1~5までのかず」、5歳児は「10までがわかる」)取り組みを進めています。小学校の算数の先取りではなく、十分な遊びこみの中で、「できる・わかる」が子どもを育て、自ら探索し始め、世界を広げていきます。

来年度は、もう少し計画的に進められる様に、今から準備を始めています。

謹賀新年

穏やかにお正月を迎えられましたでしょうか。保育園も4日が保育始め。今日は、まだ子ども達も少なかったのですが、久しぶりに元気な子ども達の顔が見れて、嬉しく思いました。

あすか保育園も三年目を迎えます。「自分で考えて判断して表現する。」という園の方針は、最近いろいろなところで、子ども達に必要な力として、取りあげられています。これからの教育や保育はどのような道を歩むのでしょうか?昨年は、保育園が乱立し始め、「保育の質」の問題がたくさん浮き彫りになりました。とまれ、「主体的で対話的で深い学び」の実践を通し、生活の中心に「遊び」の軸をしっかりと立て、本当の意味で子どもが主体の保育園を、今年も目指したいと思います。どうぞよろしくお願いします。

保育おさめ

いよいよ今日で、2018年の保育修め(おさめ)です。2018年が大過なく過ごせ、子ども達と幸せな時間を共有できたことに、大変感謝しています。保護者の皆様を始め、関係機関の方々、地域の人たち、多くの方のお力添えのおかげです。本当にありがとうございました。

振り返れば、今年は本当に災害の多い年でした。関西ではあまり経験したことのない、規模の大きな地震や台風にみまわれ、自然の力の巨大さ、凄まじさ、惨たらしさに、震撼しました。命を預かる仕事の責任の重さを、改めて痛感し、身の引き締まる思いでした。

来年も、子どもが主役の保育の中身を追求しつつ、子どもの命を、最大限の配慮で守りたいと思います。子ども達がいつもキラッキラの笑顔で、幸せな毎日がすごせますように。そして、皆様にも幸多き1年が訪れますように。

来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。

きらきらひろば(2)

12月1日(土)「きらきらひろば(発表会)」がありました。

当日は、今までで一番楽しんで発表していました。(2歳児クラスは、ちょっとはずかしかったようですが・・・)本番の舞台でも、4・5歳児は、普段のように、その場で考えたり、意見を言い合ったり、まとめたり、ごちゃごちゃしながら進めていました。その姿も、とてもほほえましい姿でした。

保護者の方も2年目ともなると、見ていただいている視線や、感想から、園の方針を随分理解して頂いているなぁと感じました。ある保護者の感想が、園の保育方針をしっかりと突いていました。

「あすか保育園らしい、きらきらひろばでした。特に5歳児の演目がよく、劇では、自分たちで配役を決めると聞き、凄い!!と感心しました。正直、与えられることだけこなすよりも、意味があり、特にコミュニケーション能力や、自分たちで考えるということが、できるようになると思いました。全員が意見を言い合うことは難しいかもしれませんが、一人一人の意見を聞き、認め合う場を与えられるのは、貴重ですね。結果が、すぐには出にくい指導方法かもしれませんが、先生方のチームワークの良さと、情熱を感じました。」

こういう感想を頂くと、また頑張ろうと力が出ます。私たち保育士も、「ほめられて伸びるタイプ」です(笑)。ありがとうございました。

 

きらきらひろば(1)

12月1日(土)、「きらきらひろば(発表会)」があります。2~5歳児の取り組みです。どのクラスも歌や楽器やごっこ遊びや劇遊びが大盛り上がりを見せています。

「自分で考えて表現する。」という保育方針のもと、、保育士たちは、保育士主導ではなく、子どもと相談し、子どもの考えや意見を待って、行事の取り組みを進めるようになりました。そのことで、劇遊びでは、子どもたち同士で「こうしよう。」「ああしよう。」と、話し合う姿がぐっと増え、劇の練習を見ていても、試行錯誤する姿がとても愛おしいです。と、同時に子どもたちは、自分の意見を相手に伝わるように話す難しさや、友達と意見が違う時に、折り合いをつける難しさなど、うまくいかないことも日々経験しており、自分の気持ちを調整する力や、あきらめない力など所謂、非認知能力を身に着けていっています。そんな紆余曲折を経て、一つのことをみんなで作り上げた喜びは、きっと「失敗しても大丈夫。」「楽しかったなあ。」と、子ども達をまた一つ確実に豊かにします。

「あすかのひろば(運動会)」で見ていただいたように、今回の行事もまた、子ども同士の繋がりや、園での様子、子どもの成長・・数々のシーンを子どもたちは表現してくれると思います。乞うご期待!!

第三者評価結果

第三者評価の最終結果が出ました。事業内容・保育内容等、多岐に渡る質問項目に対して、全体的に高評価で、安堵しています。ナルク調査センターに依頼したのですが、ナルクの方々は、非常に好意的で、一緒に真摯に課題に向き合ってくださいました。

調査結果で、特に評価の高い点として挙げられたのが、

◎人間関係(チームワークのよさ)  ◎コミュニケーション能力  ◎丁寧な態度・丁寧な保育  ◎労働条件  ◎健全な運営  ◎文書管理   ◎給食  ◎職員が勤勉   ◎職員の離職率の低さ ・・・でした。どれも、園が大切にしたいと思っている項目で、そこを評価されたのは、大変うれしいことでした。

受審して、見えてきた課題もあります。すぐに改善した点もあります。だから、これで終わりではなく、ここを始まりにまた頑張りたいと思います。この評価に甘んじることなく、さらなる「保育の質の向上」を目指して、また少しずつ職員のみんなと積み上げていきたいと思います。ありがとうございました。

「あすかのひろば」感想Ⅱ

前回の投稿にあるように、多くの保護者の方が、あすか保育園の保育方針に理解を示していただき、大変ありがたいと思っています。
子ども達は、週明け、「ギュウしてもらった。(ハグしてもらった。)」と、うれしそうに教えてくれました。みんなで取り組んだ運動会を通して、子どもの心は、一つ豊かになりました。

「あすかのひろば」(運動会)にこのような感想も寄せられました。

『はっきりと言って運動会という感じでは、ありませんでした。メリハリがなく、ダラダラした感じで、正直残念です。練習不足でもあると思います。月齢に合った内容ではなく、何をさせたいかがわかりません。他の保育園などはもっとしっかりしています。成長も感動も感じませんでした。改善してください。』

園からは、このようにコメントしました。

確かに、見た感じは、ダラダラした感じに見えるかもしれません。でも、バタバタとこなす運動会より、異年齢の子どもを気遣ったり、クラスを超えて応援したり、子ども中心に、子ども同士、心を通わせながら進む行事でありたいと思っています。子どもは、教え込めばしっかりもするし、高度なこともできます。たとえば、キリン組(3歳児)は、ダンゴ虫になりきって遊びましたが、この「なりきって遊ぶ」というのは、とても大切なことで、なりきって遊ぶ=想像力を働かす=人の気持ちを思い図れるようになる。という成長過程の入り口を遊びで通過していくのです。
こんな風にして、これから生きていく上でとても大切な力を、遊びを通して、友だちと一緒に身に着けていって欲しいと思います。

教科的な学習を急ぐのは、子どもの「心育て」にとって危険です。今必要なことは、失敗や回り道をたくさんしながら、子ども達が自分で考えて、行動していくこと。そして、自分と友達を大切にして、仲間と繋がっていくこと。これらは、「見えない力」で、見えないからこそ大切に育てていきたいと思っています。

評価の意見だけではなく、このような(上記のような)ご意見も大変貴重です。ありがとうございました。意見を頂いた事で、もう一度、伝えたい思いを再確認しました。

12月には、「きらきらひろば(発表会)」があります。ごっこ遊びも、子どもの成長になくてはならない遊びです。「あすかのひろば」での取り組みを土台に、またいっぱい遊びこんでいきたいと思います。

あすかのひろば(運動会)

10月6日(土)「あすかのひろば(運動会)」がありました。朝から雨が降り、体育館での開催。体育館での練習は、ほとんどしていないので、普段通りできるかなぁと心配していたのですが、そんな私たちの心配を尻目に、5歳児さんの堂々としたオープニング「ぞうぐみ元気太鼓」で、スタート。2・3歳が終わった頃、雨が上がり、急遽、体育館からグラウンドに移動。15分間の休憩をはさみ(その間に荷物も音響もすべて移動)、グラウンドで再開しました。そこからは、これでもかというぐらいの晴天で、リレーや竹馬、大繩など、外で思う存分、力を出し切った子ども達でした。保護者の皆さんもとても協力的で、無事にすべての行程を経て、子ども達は満面の笑みで帰っていきました。

京都大学名誉教授の鯨岡峻さんは、幼児教育において、「私は私。自分の内部に修練する心。」「私は私たちの一人。私が周囲に開かれて、その一員として抱く心。」を育てることが重要だと、説いています。「あすかのひろば」では、自分のやりたい気持ちを表現すること、友達と繋がって参加することを目指してきました。これは、保育方針 *自己実現を果たそうとする。*友達と共生する。 というねらいに依拠しており、鯨岡教授が説いておられることと一致します。子どもたちは、「あすかのひろば」の取り組みのプロセスで、また一つその力を積み上げてくれました。

保護者からの感想です。

◎5歳児さんが、下の子を見守ってくれたり、「頑張れ!!」やお名前を呼び応援している姿を見て、あすか保育園でしかないみんな仲良しでとってもステキな運動会でした。

◎組や年の違う子達が一生懸命「○○君、○○ちゃん頑張れー!」と、応援している姿が凄く印象に残りました。我が子もそんな温かい声援を沢山頂いたことで、最後まで諦めず頑張れたのだと思います。温かさと優しさと一致団結は、あすか保育園ならではと思いました。

保育内容に共鳴し、支えてくださっている保護者の方々に、感謝します。

 

これだけでたいしたもんだ

騙されるな

 

人は何か一つくらい誇れるものを持っている

何でもいい、それを見つけなさい

勉強が駄目だったら、運動がある

両方駄目だったら、君には優しさがある

夢をもて、目的をもて、やれば出来る

こんな言葉に騙されるな、何もなくていいんだ

人は生まれて、生きて、死ぬ

これだけでたいしたもんだ

 

ビートたけし・作

 

本当にその通りだと、胸にストンと落ちました。生きているということ、ただそれだけに、もっと敬意を払うべきだと、自戒しました。一片の曇りもなく言い切るたけしさんの潔さを称賛します。

pagetop